宙飛ぶ高速紙芝居集団「スパイスアーサー702」とは、どんなユニットなのでしょう?

 

1作品100枚以上の絵があります。

多い時は200枚以上。全部オリジナル。

 

紙芝居っていうのは木枠におさまってるもの。でも「スパイスアーサー702」の紙芝居に枠はありません。なぜなら絵をバンバンめくり飛ばしながらお話が進んでいくからです。枠なんか邪魔なのです。

 

「めくり役」はほとんど喋りません。語りのパートが別にあるのです。これがまたがんがん語ります。そして生演奏のBGM、たてノリからメランコリーまで変幻自在にドラマを盛り上げます。

 

そう、紙芝居なのにユニット!これは紙のある芝居?いや手動アニメ?いや絵のある音楽ライブ?懐かしいけど、既存の紙芝居から遙かに進化した「新しひ」エンターテインメント、それが「スパイスアーサー702」の紙芝居なのです。